建設コンサルタントとは

  • TOP  >  
  • 建設コンサルタントとは

建設コンサルタントの仕事とやりがいConsultant

安全で快適な生活に欠かせないインフラなどの社会基盤。その整備事業を計画・調査・設計・監理という側面からサポートする重要な仕事が建設コンサルタントです。ここでは、この建設コンサルタントという仕事について、またその社会的意義、やりがいについてお話しします。株式会社溝田設計事務所は、建設コンサルタントとして地域社会の発展に貢献している企業です。

建設コンサルタントとは

建設コンサルタントとは

建設コンサルタントは、河川や橋梁、道路といった社会資本の整備に携わっていますが、公共事業という言葉から連想されるような「作業」や「工事」そのものではなく、整備事業の立案から構想、計画段階での地盤・地質の調査、環境評価業務、設計業務、施工管理、維持管理業務を主に行っています。つまり、社会インフラ整備事業を創造する段階からサポートしている建設コンサルタント会社なのです。

「やりがい」

その土地や地域の特徴を捉え、橋や道路、河川、災害時の復旧など安心・安全な豊かな暮らしを実現するために携わることができる、やりがいを感じる仕事です。

建設コンサルタントの役割

社会インフラは私たちが暮らす上で欠かせない基盤です。河川や橋梁、道路、上下水道などの社会基盤が整備され、完全に機能しているからこそ健全で安全な生活を送ることができます。建設コンサルタントは、この重要な社会基盤をつくり、支え、維持する技術者集団なのです。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

  • フェーズ
  • 企画立案
  • 調査計画
  • 設計
  • 工事
  • 維持管理
  • 発注者
  • 事業決定
    予算化
  • 事業計画
    調査監督
  • 設計発注計画
    設計の監督
  • 工場発注計画
    施工の監督
  • 運用
    管理監督
  • 受注者
  • 評価検討
  • 調査・計画
  • 設計
  • 施工
  • 維持点検

建設コンサルタント(当社)

ゼネコン・メーカー

当社・ゼネコン

建設コンサルタントが命と環境を守る時代へ

私たちの暮らしは社会基盤に支えられています。この社会基盤が十分に機能していなければ、市民生活は破たんを来し、生命が危機にさらされます。つまり、建設コンサルタントは私たちを取り巻く環境と生命を守る重要な役割を担っています。

生命を脅かすものから守る
大雨・洪水 洪水対策事業の企画・調査・計画・設計やハザードマップの作成などを通じて、災害時の安全が図られるよう取り組んでいます。
土砂災害 過去に起きた土砂災害の徹底した調査、解析を実施し、災害の未然防止や被害の最小化に向けた設計を行います。
地震災害 災害に強い街づくりの支援はもちろん、災害発生時には、国や行政の調査に協力し、早期復旧・復興に貢献しています。
交通災害 地域交通、とくに死亡事故の発生率が高い生活道路を中心に、安全・安心を確保するための技術的サポートを行っています。
環境を悪化させるものから守る
地球温暖化 地球温暖化が河川や都市環境に与える影響を調査・検討し、効果的な対策を社会基盤設計に反映させます。
河川・海洋問題 河川や海洋の汚染や景観悪化を是正し、良好な水辺環境を回復するための調査・検討・設計を行います。
都市問題 高度成長期以降の無秩序な開発によりスプロール化した市街地などを、土地区画整理などで安全で機能的な街につくり直します。

PICK UP! 建設コンサルタントで活躍するためには

このように、建設コンサルタントは社会的意義と責任のある仕事です。それだけにやりがいが大きいのも確かです。では、建設コンサルタントになるにはどのような能力・資質が必要なのでしょうか。大別すればベースとなる「専門能力」と「問題解決能力」「人間対応力」。専門領域の知識・スキルだけでなく、広範な能力が求められるのが建設コンサルタントです。

これらは大学や大学院で学ぶだけでは十分に習得できません。実際に、働きながら現場を経験しながら階段を上るようにキャリアアップする必要があります。溝田設計事務所では、そのための環境・教育の機会を用意し若手技術者の育成を図っています。

問題解決能力 人間対応力

問題解決能力

企画力・発想力・構想力
情報収集力・分析力・課題発見力
問題解決能力・判断力
遂行力(やり遂げる能力)

人間対応力

コミュニケーション力・プレゼンテーション力
説得力・交渉力・調整力・合意形成力
マネジメント力・行動力
リーダーシップ・教育力・指導力

専門能力
(基礎力・応用力)

建設コンサルタントという仕事を通じて、郷土に自身の作品とも言えるインフラを残すこともできます。

こんな将来像を思い描いているなら、ぜひ溝田設計事務所へ

  • 大学・大学院の研究を生かし、マルチな土木技術者になりたい。
  • 成長している、中小企業でキャリアアップしたい。
  • 技術力のある会社でスキルアップしたい。
  • 建設コンサルタントという仕事を通じて、地域社会に貢献したい。